マンション管理の今後

マンション管理には課題がたくさん

マンション管理の問題点について考えてみる

色々な設備を利用できることは大きなメリット

最近ではマンションに住むことでえられる権利の種類も豊富になってきています。特に大きなところでは集会場のような場所を使うことができたり、住んでいる人全員が所有しているものを便利に活用することができるようになっています。そういったものの手入れも管理人の役目ですが、最近ではなり手がいないことが問題になっています。住宅の数は増えつづけていますが、そこで働く人は少なくなってくると、便利なサービスが今までのように円滑に使えなく恐れがあります。どんなに素晴らしい施設を造ったとしても、それを維持していくためには手入れをする人の力が必要です。今までは定年退職をした後の人が応募してくることが多かったようですが、段階の世代の人の高齢化により、じゃたらける人の数が減ってきたことも原因のひとつです。それに加えて、勤務内容が思っている以上にハードだということも働く人が少なくなっている理由です。対策としては、仕事内容を減らしたり、勤務時間を短くするなどの変更が行われているようです。

この仕事には高い専門知識と体力がいる

マンションの手入れをするというと簡単にできると思われていることがありますが、こういったことを専門に行う人が必要とする資格にマンション管理士というものがあります。こういった資格があるということは、それだけ仕事の内容に新しく学ぶものがあるということであり、誰でもできる仕事ではないということがわかります。それだけでなく責任感も重い仕事だということで、自分の仕事が円滑に進まなかった場合には住民の生活がすぐに不便になってしまうという可能性もあります。生活に直結している仕事だけに、住民の人との関わりも深く、ケースバイケースの判断力も必要になってきます。このように専門的な知識が必要なだけでなく、工夫する応用力や、住民とのコミュニケーション能力など、思っている以上にたくさんの素質が必要になる仕事です。

今後も設備の良さを生かすためには手入れが必須

マンションの管理を中心に行っているのは管理人ですが、そういった人達は管理会社に所属しており、そこから各マンションに派遣されるという仕組みをとっていることになります。小さなマンションなどでは直接管理人が働いているということもありますが、最近ではそういったところは少なくなり、管理会社を経由して契約をしているところが主流です。今後、マンションの管理をする人がいなくなることは、そこで暮らす住民にとって大きな問題であり、対策を行わなくてはいけない問題です。マンションを建てる建築評者や不動産関係の仕事をしている人にとっても、今後のマンションのあり方をかんがえていく上で重要な問題でしょう。どのように管理をする人を確保していくかは、生活に直接関係してくるので、仕事内容を見直して多くの応募があるようにしていかなくてはいけません。

人気記事ランキング